新型ジムニーの口コミ評価と評判を紹介!旧型ユーザーが比較した口コミも!

新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

新型ジムニーは、1970年に登場してから、人気が高い軽自動車です。

「ジムニスト」と呼ばれるジムニーファンに、とても愛され続けているのです。

そんなジムニーの良い口コミや、悪い口コミなど評価や評判を包み隠さず、また旧型ユーザーが比較した口コミも併せて紹介していきます。

スポンサードリンク

新型ジムニーの良い口コミ


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

・狭い。が、ドラポジはなかなか良い。

・低速トルクは抜群なのでオフロード走行は最強です

・よくぞこの四角い形で出してくれました。

新型ジムニーは、人によってはドライビングポジションがあいませんが、人によってはドライビングポジションが簡単に、セッティングできるみたいですね。

軽自動車は「チルトステアリング」という、ステアリングを上下に調整できる車種は少ないです。

ジムニーのドライビングポジションを、簡単にセッティングできるのは、「チルトステアリング」が装備されているからでしょう。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

「チルトステアリング」は上下35mmの幅で調整出来るようになっています。

そのため、最適なドライビングポジションを作り出すことが出来るのです。

新型ジムニーは、低速トルクが高いのでオフロード走行は、まさに最強と言っても良いでしょう。

ちょっとした悪路走行だけではなく、少し太めの丸太の上を乗り越えてみたり、少し大きめの石に片輪だけ乗せて、走行をしてみたりすることが、ジムニーには可能なのです。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

低速トルクが高くないと、悪路走破性はそれほど期待できないように感じます。

価格ドットコムの口コミでは、四角い形が復活して、喜んでいる人いました。

私も全くの同感で1998年に販売していた当時は、ジムニーらしくない丸みを帯びた、女の子デザインは硬派なジムニーには、全く似合っていないと感じておりました。

あ~あ、ジムニーも時代の流れの乗ってしまったのか

そのように残念に思っていた人は非常に多く、ガッカリした人も多かったのではないでしょうか。

2018年にフルモデルチェンジで、角ばったデザインに戻り、ジムニーらしさを取り戻し喜ぶ人は多かったと言えます。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

ジムニーは、歴史がとても古くデザインや形などが、もはや定着している車種なのです。

サバイバルゲームなどで山に出かけるときは、やっぱり、角ばったデザインがカッコ良く見えますし、サバイバルゲームもかなり盛り上がるのです。

しかし、丸みを帯びたジムニーでサバイバルゲームに出かけるのは、気分的にも盛り上がりません。

ジムニーは単なる足ではなく、ジムニストとしては良き相棒であり、硬派な男の乗り物なのです。

走行性能の良い口コミ


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

・砂浜での走行は期待以上

・なんの問題もなく雪を掻き分けて出れました!

・トランスファー切り替えがレバー式に戻ってよかった

新型ジムニーは、砂浜での走行をした人がいたようで、悪路走破性の優れている部分を体感できたようです。

砂浜でもスイスイ走れ、砂山もグイグイ登っていけるのは、ジムニーくらいではないでしょうか。

さらに、雪道も、トランスファーの切り替えレバーにより、なんの問題なく走行ができます。

これで、スピンしてしまうのは、車のせいではなく運転が下手くそなだけでしょう。

新型ジムニーは悪路走破も切り替えレバーの選択を間違えなければ、軽々と悪路を難なく走行しきってしまいますよ。

スポンサードリンク

新型ジムニーの悪い口コミ


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

・エンジンにパワーが感じられない

・非力と言わざるとをえません

・停止線の少し手前で止まらないと、信号が隠れてしまうことがあります

エンジンパワーがないという口コミがありますが、ターボ車なのでノンターボの軽自動車よりは、軽快に走行できると言えます。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

ただ、ジムニーの車重が重いので、加速も非力に感じるのかもしれません。

加速に関しては、人によっても感じ方が異なるのですが、オフロード車なので加速は苦手なのかもしれませんね。

どちらかといえば、ゆっくりと障害物を乗り越えていくという、悪路走破のほうが最も得意と言えますね。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

加速に関しては、各自のドライビングテクニックで、フォローするしか無いでしょう。

そして、ジムニーは横長のフロントガラスなので、信号機に近すぎると見えにくくなるかもしれません。

見えにくい場合は、やっぱり信号機の手前で止まるという方法で、改善するしか無いですね。

走行性能の良い口コミ


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

・高速道路で100キロ巡航が厳しい

 

ジムニーは高速道路を苦手としている車ですが、ターボ車なので、それなりに走行はしてくれるでしょう。

ただ、追い越しはちょっと厳しいものがあるので、高速道路ではおとなしく走行を擦るのが一番だと言えますね。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

市街地走行では必要にして十分な性能なので、特にストレスを感じる場面は少ないでしょう。

ジムニーに慣れていないと、カーブを曲がるときの車体の傾き方に、少し驚くかもしれません。

先代ジムニーと比較して、カーブを曲がる安定性というものは、新型ジムニーでは改良されているので、それほど怖がる必要はありません。

スポンサードリンク

新型ジムニー評判まとめ


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

新型ジムニーの外見に関しては、誰も悪く言う人はいません。

むしろ、先代ジムニーのように角ばったデザインに戻り、誰もが喜んでいるという感じです。

ただ、軽自動車なので非力な部分はありますが、一応ターボ車なのでそれなりに加速はしますよ。

市街地走行では、キビキビと走行できますし、坂道もストレスを感じません。

新型ジムニーという車は、オフロードを楽しむことが出来ますし、釣りなどにも使えるし、仕事に使うことも出来るカリスマ性を持ち合わせた軽自動車なのです。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

室内は、さすがに大人4人乗車だと狭い感じです。

ラゲッジスペースは、それなりに広いので、色々と荷物が積めそうですね。

オフロードを走らないと、ジムニーは買ってはいけないのかといえば、全くそんな事はありません。

単なる通勤にしか乗らないという場合でも、ジムニーのデザインに惚れ込んだら、買っても良いと言えます。

つまり、ジムニーを乗るユーザーの評判は、非力なエンジンだけど、デザインがカッコ良くオフロードも走れるので、燃費の悪さや非力さは許せるということになります。

旧型ユーザーの比較口コミ


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

先代ジムニーのユーザーも、それなりに良い口コミもあり、デザインに関しては、誰も触れておらず内装や加速に関しては、それなりに満足している感じでした。

しかし、新型ジムニーの口コミと比較しても、先代モデルのジムニーの口コミは、それほど活気がある評価が少ないように感じました。

旧型ユーザーの口コミに「ある程度は我慢しないと・・・」という、そんな悲しい声も見かけました。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

新型ジムニーでは、妥協することはほぼありませんし、そういう口コミもほとんどありません。

やっぱり、新型ジムニーのデザインや内装などは、満足している人は多いのでしょうね。

ただ、旧型ジムニーも悪路走破性に優れているので、雪道などではジムニーの真価を、体感できたという口コミもありました。

旧型ジムニーのユーザーの中に「樹脂部品が安っぽい」という、そんな口コミもありました。

今回の新型ジムニーは、高級感はないですがデザインなどは、レトロ感満載ですし、外見がカッコよいので「安っぽい」という印象は少ないと言えますね。

スポンサードリンク

ジムニー口コミと評価のまとめ

どんな製品でも完璧なものは存在しません。

ジムニーも不満を抱く人もいれば、喜んでいる人も多く存在します。

新型ジムニーが角ばったデザインになり、今どきの軽自動車にはない、レトロ感が逆に斬新さを感じます。

ジムニーは高速道路が苦手で、どちらかといえば市街地走行や悪路などが、得意な分野だと言えます。

ただ、オフロード走行をしないからジムニーは買ってはいけないと、そのようなことは全くありません。

もちろん、オフロードをしない人にも、ジムニーを一度試乗して見る価値は十分にあると言えます。

新型ジムニーが値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この新型ジムニー、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、新型ジムニーの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク





コメント